学校保健師になろう!求人探し&採用対策のポイントまとめ

学校保健師の求人の見つけ方

学校保健師の求人情報を見つける方法としては、教育機関のホームページを直接アクセスする方法があります。大学のホームページを見てみると、時として募集要項がアップされていることがあります。ただし学校保健師の仕事ですが、そうたくさん見つかるものではないと思ってください。そのため、健康管理専従の仕事に就きたいなら産業保健師の求人も併せてチェックしておくことをおすすめします。

 

まず基本的にどの学校でもそれほど大量に保健師を採用しているわけではない点に着目してみましょう。たいていの教育機関では、保健師が一人在籍していればそれで十分としているケースが多いです。このため、なかなか募集は出にくい傾向があります。もし狙うのであれば、私立大学などに着目してみることです。新設される学校もありますので、新設の学校であれば学校保健師の募集はほぼ確実に行われるはずです。

 

また正社員にあまりこだわらないことも大事です。派遣をはじめとして非常勤で人材募集を行っているケースもあります。そこで経験を積めば、次の就職するときには実務経験を売りにできるからです。

養護教諭免許が無くても働ける学校保健師の勤務先とは?

保健師の職場はいくつかあります。行政機関で仕事をしている人もいれば、一般企業で企業保健師として活躍しているケースも見受けられます。その他には、学校保健師で活躍している人もいます。保健室が学校の中にはありますが、保健室で学生や職員の健康管理を担当するのが主な役割ということになります。しかし学校保健師というと、養護教諭の免許がないと仕事ができないのではないかと思う人もいるでしょう。

 

確かに小学校や中学校、高校では養護教諭の資格が必要になります。しかし大学や専門学校の保健室で仕事をする場合には、養護教諭の資格がなくても仕事はできます。保健師の資格だけで、学校保健師として活躍している人もいます。もし学校で保健師の仕事をしてみたいと思うのであれば、大学や短大、専門学校で求人が出ていないかどうか確認してみましょう。

 

ただしあまり多数のスタッフを募集しているケースは少ないです。非公開求人で募集されているケースも多いので、転職支援サービスなどを活用しましょう。